協会活動

会員コラム

2011年度

本当の海外出張は冒険旅行

'本当の海外出張は冒険旅行'コラムのイメージ画像

 さて、翌朝からは研修の始まりである。参加は、カナダを含む北米が半分、残りはイタリア、ドイツ、イギリスのヨーロッパ勢と我が日本、韓国、インドの途中入社ばかりで、総勢15名程度だった。

 先ずはCorporate Overviewの講議と実習を行う。最初に社員が先生になってプレゼンテーションを行い、力点や質疑応答への注意点の説明を受ける。その後一人ずつ実習となる。

 当然、私にも番がまわってきた。プレゼンテーションは、なんとかすり抜けたが、問題は質疑応答である。イタリア人の英話が全く理解出来ない。アメリカ人でも東部から来た営業マンの機関銃のような英話にも、スピードについて行けず、何度も聞き返す羽目となった。自己嫌悪に陥りながら「これで四日間ももつのだろうか。?」と、またまた不安が過ぎるのであった。

2011年11月17日
中小企業支援コンサルタント
山岸秀之