東日本大震災ボランティア支援・活動報告

支援・活動報告

1.実施活動計画

  • ○足湯の提供 伊達市内の避難所を一日一箇所のペースを基本に巡回。
  • ○その間、市役所のご担当の指示や、現地の被災者の要請に応じて活動。
  • ○一巡した段階で次の展開を検討。

2.実施先

  • ○福島県伊達市内の避難所避難所

3.実施期間(第一次)

  • 2011年3月29日〜

4.人員

  • ○主力 サイクルボランティア・ジャパン(CVJ) http://www.cvjapan.org/w/
  • 竹沢代表、金木隊長(元 岡山市消防局職員)ほか4名
  • ○コーディネーション 萩原誠司(中小企業支援振興協会 理事長)ほか2名

5.現地協力先

  • ○伊達市役所 伊達市保原町字舟橋180番地 
  • ○森藤建設工業株式会社(代表取締役 森藤忠嗣) 福島県伊達市保原町字小幡町24-1

 足風呂釜はこの度の震災支援の為に、ボランティアチームが手作りし、岡山より運搬して頂きました。現地では森藤建設様をはじめとし、新聞社記者の方々、伊達市役所職員の方々にも多大なるご協力とご理解を頂き、足湯の設置準備の際には、小さな子供たちが蒔拾いを手伝ってくれたり 、子供からお年寄りの皆さまに心からのお喜びの気持ちを頂戴いたしました。

当会では引き続き、東日本大震災ボランティア支援・活動を行ってまいります。
尚、被災地、避難所におけますボランティアの受入・要請およびボランティア希望団体は 下記までお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

info@amses.or.jp
担当:高橋

このページのトップへ