• トップ
  •  > プライバシーマーク制度の推奨

プライバシーマーク制度とは?

財団法人日本情報処理開発協会で運用されてます。マークを付与された事業者は、個人情報の取り扱いについて適切 に安全管理・保護措置をしていると認められた事業者になります。

※法律の規定を包含するJIS Q 15001に基づいて第三者が客観的に評価する制度であることから、事業者にとっては法律への適合性はもちろんのこと、 自主的により高い保護レベルの個人 情報保護マネジメントシステムを確立し、運用していることをアピールする有効なツールとして活用することができます。

財団法人日本情報処理開発協会

財団法人日本情報処理開発協会では通商産業省(現、経済産業省)の指導を受けて、プライバシーマーク制度を 創設して平成10年4月1日より運用を開始しました。

財団法人日本情報処理開発協会

プライバシーマーク事務局

プライバシーマーク制度を進める理由

個人情報の保護対策をしていても外部からは保護対策を正しく取っているかはわかりません。消費者、取引先企 業への信頼、そして個人情報保護管理の信頼性を高めるには、個人情報保護の取り組みの証明が必要です。

pmark

まず、「個人情報」の英訳「Personal Information」の頭文字「P」と「I」を組み合わせて擬人化し、これを楕円で囲むことにより、「個人の情報が保護されている」というイメージ。このマークをサイトに貼り付ける事で、個人情報を保護してるという証明になります。
※このプライバシーマークはチェンバーウェブに付与されたものではありません。

実施機関

付与機関

プライバシーマーク制度委員会

学識者、有識者、事業者団体の代表、消費者代表、法曹関係者 等で構成し、プライバシーマーク制度に係る事項を審議します。

消費者相談窓口

学識者、有識者、事業者団体の代表、消費者代表、法曹関係者 等で構成し、プライバシーマーク制度に係る事項を審議します。

プライバシーマーク指定機関

指定機関として指定を受けた団体

指定機関となることができる団体とは、事業者団体その他の団 体で事業における個人情報の取扱い及び保護に関し知見を有し 、かつプライバシーマーク付与に係る業務を的確に実施する能 力があると認められるもの。

指定期間一覧はこちら(プライバシーマーク事務局へ)

プライバシーマーク申請の大まかな流れ

1.受付窓口に提出。
●指定機関に申請書類を提出→指定期間一覧はこちら(プライバシーマーク事務局へ)
申請書類を指定機関または付与機関(財団法人日本情報処理開発協会)の受付窓口にご提出願います。

2.受取、受理、審査
申請料の入金を確認した後、記載内容に不備がないか、申請資格があるか等の審査をいたします。

3.代表者へのインタビュー、運用状況の確認、現場での実施状況の確認、総括

4.文書による審査および現地審査の結果に基づき、プライバシーマーク付与認定の可否を決定します。
決定結果は、申請者に対してプライバシーマーク付与申請審査通知の送付によって行います。

5.プライバシーマーク使用料の振り込み、付与契約と使用許諾証の交付、認定の公表。